My Favorite・・・

葉三ちゃん ~慢性口内炎~

癒し度・・・無星

 血液検査がきっかけで。



5月17日に血液検査を受けた。
なんの気はなしに単なる健康診断のつもり。
葉三ちゃんは道で保護した子、年齢もわからないし既往症もわからない。

結果、内臓は問題なし。
十葉ちゃん、毛葉くんよりも優秀。ほっ・・・

先生「他に気になるところはないですか?」
私「食べる時にもちゃもちゃしていて食べにくそうです。
  以前から口臭も気になります。」
口の中を見ると、舌下が赤い。
歯茎ではないので歯周病とは言い切れないらしい。

先生「血液検査ではわからないので、エコーを撮ってみましょう。
    口内炎っぽいですが、原因は多種に渡ります。
    女の子は子宮の病気多いから。」
結果は、問題なし。
というか、なにも写っていない。
腫瘍があれば白く写るらしい。
そもそも、子宮はあるのか?
子宮がなければ、当然何も写らない。
炎症を抑えるため、抗生物質をもらって帰宅。


翌日、先生から電話があった。
「気になるので、もう一度診せてもらえませんか?」


5月23日、再訪。
口の中を目視した段階では歯肉炎か腫瘍か判断不能。
念には念を入れ、翌々日にCTを撮り、細胞を採って生検に出すことにした。


少ししんどそうな葉三ちゃん。

a0129856_1423166.jpg

a0129856_142556.jpg

a0129856_143960.jpg



5月25日。
十葉ちゃん、毛葉くんが心配する中、「いってきますにゃ」

a0129856_1420137.jpg

a0129856_14204682.jpg

a0129856_1421116.jpg



前夜10時から絶食。
朝9時に病院に預けた。
検査は午後から、全身麻酔をかけて行う。
・・大丈夫かなぁ、心配。

午後4時20分に電話あり、無事終了したとのこと。
夜7時にお迎えに行く。
CTの結果は当日判る。
「深く浸潤していませんが、歯茎ではなく、舌下なので細胞の検査結果を待ってみましょう。」
全身麻酔したついでに、右下奥3本抜歯、残存歯の歯石を除去した。

びっくりすることが判った。
葉三ちゃんには既に子宮がなかった。
発情もしないし疑ってはいたものの、やはりショック。
以前の飼い主さんが避妊手術をしてくれていたのね。
きっとかわいがられていたんだろう。今も探してるのかな?
そう思うと、とても切ない。

歯の状態からしても、当初(昨年3月)の推定5歳よりもっと高齢かもしれない。
ひょっとしたら10歳近いかも・・と言われた。
この日は、止血剤と抗生剤をもらって帰宅。


帰宅後の様子。
お疲れ様でした!

a0129856_14274088.jpg
a0129856_14275340.jpg
a0129856_14281194.jpg



結果が判るまではドキドキの日が続くが、それは待つしかない。
抜歯したおかげか、抗生剤が効いたのか、ご本猫さんは元気になった。

a0129856_14461533.jpg


6月2日。
生検の結果を聞きに、病院へ。
「慢性口内炎」と診断された。
ただし、原因は不明。
人間のように小さな口内炎が口中にあるのではなく、広範囲の炎症のような腫れがある。
また7月上旬には診てもらいに行く予定。


葉三ちゃん、よく頑張ったにゃ。
先生の指導通り、これからは毎日歯磨きしようにゃ!

爪とぎの上でごろんごろん、まったり~。

a0129856_14481562.jpg



見守ってくれて優しく接してくれた十葉ちゃん・毛葉くん、ありがとにゃ!

a0129856_14492333.jpg

a0129856_14495429.jpg

[PR]
by towa-sco | 2012-06-08 01:00 |
<< ご近所の美味しいものたち Shinzi Katohの猫雑貨 >>



猫、スイーツ、手作り石鹸、旅行・・・働く主婦の癒し処をつぶやいています
カテゴリ
全体

スイーツ・グルメ
花・ガーデン
雑貨

手作り石鹸
映画・音楽
その他
シーズン
本・DVD
アクセサリー
ファッション
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
にほんブログ村 猫ブログへ

* ハンドメイド にゃん 雑貨 *

『出来ることを、少しずつ。』

『WILD WEST』

『にゃんこ・ザ・プロジェクト』

ねこともNetかわいい猫たちの日めくりカレンダー
最新のトラックバック
三回忌
from Anything Story
今、欲しい車♡
from 週末は晴れても、雨でも
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧